輪入道 わにゅうどう
DE-LUXE, HIPHOP, YAS, ヤス
NEW ALBUM -新アルバム-

輪入道(わにゅうどう)

平成2年東京生まれ。千葉の埋立地で育つ。アーティスト名「輪入道」の由来は、石ころをダイヤに変えてみたかったから。2007年ごろ単独で活動開始する。17歳の夏休みに千葉CLUB BELT主催の『REPRESENT MC BATTLE』に出場、まったくの無名でありながら異様な存在感で他を圧倒し、ラップをはじめてわずか4ヶ月にして優勝賞金20万円を手にする。18歳の時に渋谷を中心に関東各地のクラブ・イベントに出演し、年間合計「131本」に及ぶライブ・ショーケースをフリースタイルのみで歌い上げ、シーンにその名を轟かせていく。2009年、テレビ東京の深夜番組に「千葉のヤンキーラッパー」という肩書きで出演、「ピー」音連発のラップをかます。また地元アーティストからのフックアップにより、国内最大のブロック・パーティ『B-BOY PARK』でのライブも19歳という若さで経験している。活動開始から6年間は一回もステージで決められた歌詞を披露する事がなく、ケタ外れのアドリブ感覚と人間味で聴衆をロックし続けた「平成の異端児」。そして2013年待望の1stアルバム“片割れ”を自身主催のレーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ全国リリースし、インディーズながら好セールスを記録。現在もロングセラーとなっている。2014年より活動の幅を更に広げ、フジテレビのバラエティ番組「そんなバカなマン」や、MONDO TV「テリー伊藤のTOKYO潜入捜査」にて「フリースタイルラップの世界に潜入」の回に出演。バトル・シーンでも『B-BOY PARK 2014』優勝をはじめ首都圏各地のMCバトルで前代未聞の「6大会連覇」を成し遂げ名を上げる。そしてBSフジの討論番組「長渕炎陣」への出演で茶の間に強烈なインパクトを与え一躍全国区に。その経緯から、伝説となった『長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓』のステージにも立ち、ラップに馴染みのない世代にもストリート叩き上げの言霊をぶつけていく。客演においても妄走族のアルバムや、デビュー40周年を記念して制作されたCOOLSのトリビュートアルバム、不慮の事故で他界してしまった故DJ Deckstreamのコンピレーションアルバムなど話題の作品に立て続けに参加。勿論国内屈指のフリー・スタイラーとしての顔は健在であり、『罵倒 GRAND CHAMPION SHIP MC BATTLE』にて優勝を果たす。更にテレビ朝日の『フリースタイルダンジョン』では初戦で敗退するもコンプラだらけの危険極まりないパフォーマンスが反響を呼び、Yahoo!のリアルタイム検索ワードで1位になってしまう。しかしその後に『フリースタイルダンジョン』と連動して開催された『SUMMER BOMB』で漢 a.k.a. GAMIと再戦し雪辱を果たしている。選挙促進運動の一環でもある選挙管理委員会主催のイベント『TOHYO都』でも圧巻のフリースタイルで観客から喝采を浴びた。また、近状ではバラエティ番組「ヨッ!あんたが大賞!」や乃木坂46の番組「NOGIBINGO!6」など、クラブ・シーンの枠を飛び越えた地上波出演でHIPHOPに馴染みが薄い若者たちからも注目されている。
TOP
©HOOD SOUND Inc.
©Mediado